海外プリペイドカードを作るなら

海外プリペイドカードというものをあることを知らない方も多いでしょうが、これがとても海外旅行には役に立ちます。
そこで、ここでは、海外プリペイドカードにおけるメリット、デメリット、それに、クレジットカードとデビットカードとの違いについてご紹介しましょう。

 

海外プリペイドカードとは、旅行に行く前にお金をチャージしておいて、それと使って繰り返し海外で使えるデビットカードのようなものです。
(実際デビットともクレジットカードとも違います)

 

VISAやマスターカードがそのメインとなっており、あらかじめ、自分が入れておきたい金額を支払って、海外プリペイドカードをもらっておくというシステムになっています。

 

ですので、クレジットカードのように、口座に残額がなくても使えるというものではありませんし、デビットカードのように、きちんと口座を作ってからカードを作るというものでもありませんので、プリペイドカードを作るのに際して、あまりハードルは高くないというのがメリットであり、旅行に行った際に、使い過ぎを防止できるというのもポイントです。

 

デメリットとしては、入金した金額以上は使えない上に、入金手数料もかかるということでしょう。

また、クレジットカードの審査に通らないという方もいますが、そういった方でも簡単に持つことのできるカードで、世界中で使えるようなカードなので、現金を持たずに旅行したいという方にはおすすめのカードです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ